眠っている教科書・医学書・学術書・専門書などを買取で有効活用するおすすめの方法

こんにちは管理人のビック(@blogger_bic)です。

もうそろそろ、卒業式の季節ですね。

あなたは、使わなくなった教科書・医学書・学術書・専門書は、どうしていますか?

私も大切に本棚にしまって、そのままになっています。

でももったいなくないですか? 

使わなくなってしまった教科書を、

次の世代に少しでも安くバトンタッチすることで学生の負担を軽減させてみませんか?

そんな眠っている教科書・医学書・学術書・専門書などで有効活用するおすすめの方法です。

---スポンサードリンク---


本棚
[su_button url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=356UFC+CJBASA+3OQW+5YJRM” target=”blank” style=”3d” background=”#24f749″ color=”#ffffff” size=”9″ wide=”yes” center=”yes” icon=”icon: external-link” rel=”nofollow”]テキストポン公式サイトへ[/su_button]

高い大学の教科書

大学や専門学校で使っていた、いや買わされていた教科書は専門書が多いです。

専門書は専門に書いているだけに需要が少ないので高額になりがちです。

1年毎に新しい教科書が増え、終了したら本棚の済の方で眠ったままになっている・・・

そんなの、もったいなくないですか? 

大掃除のときにでも断捨離に考えて本の処分を検討して現金にしてみませんか?

教科書は買い取ってもらえる

そこで「教科書は買い取ってもらえるの?」と思われがちです。

実は漫画や小説のように大学や予備校の教科書や参考書も買い取ってもらえるのです。

そこで、ポイントを2つ紹介します。

[su_list icon=”icon: circle-thin” icon_color=”#bf0f49″]

  • より高く売るにはどうしたらよいか
  • どこで売るのがベストか

[/su_list]

教科書を高く売る3つのポイント

使用していた教科書なので中古品ですので、
同じ教科書なら少しでも高く買い取っていただきたいのが心情ですよね。

そこで、より高く買い取っていただくために3つのポイントを紹介します。

ポイントを抑えて、高額買取をチャレンジしてみよう

その1 きれいな状態で

中古の教科書なので、できれば新品の状態がいいわけです。

基本的にきれいな状態に戻してから査定に申し込みましょう。

赤ペンやアンダーラインなど学習で必要だったものはそのままで構いません。

また、カバー・表紙の折れや本全体が汚れていると査定が下がってしまうので気をつけたいところです。

その2 付属品のCDや赤シートも揃えて

教科書には付属品のCDや赤シートが付属していることがあります。

特に赤シートはなくなって紛失している場合が多いので、実はレアなのですよ。

赤シートは非常に特別な存在です。

教科書によってはインターネットのURLも掲載している場合もあります。

その3 消せる書き込みは消す

赤ペンやアンダーラインなど学習で必要だったものはそのままで構わないと書きましたが、

鉛筆で書き込んだものは必ず消しておきましょう。

最初から教科書を売るつもりで利用するのであれば、
赤ペンやアンダーラインなどもない新品であれば高価買取のチャンスです。

重要なことはノートにまとめるなどして、教科書はできるだけきれいにしておくことがベストです。

教科書の買取は「テキストポン」がおすすめ

高額買取のポイントを押さえることができたら、次はどこに売るのがベストか考えましょう。

一般的な古本屋や大手のメーカーでもよいとおもいますが、
やはり、専門的な知識がないといくら価値があっても査定は低くなりがちです。

どうせ売却するなら、1円でも高く査定してくれるのが人の気持ちですよね。

そこでおすすめなのが「テキストポン」です。

大学で使用していた教科書を始め、医学書・学術書・専門書など幅広く査定をしてくれます。
[su_box title=”テキストポンが大学教科書を買取る理由” box_color=”#3ca2f8″ title_color=”#393939″ radius=”7″]テキストポンの想いは、再活躍の場もなく処分されていた大学教科書・専門書・医学書・歯学書・薬学書・短大及び専門学校教科書のリサイクルを行い、今必要としている大学生の方に安くお届けすることです。そのため、一冊一冊丁寧に査定の上、買取させていただきます。(テキストポンより引用)[/su_box]

10冊以上で送料無料

一般的に古本屋さんでは、20冊や30冊で送料が無料になるところがほとんどですが、テキストポンでは10冊以上で送料無料、つまり着払いになります。

会員登録不要

テキストポンでは面倒な会員登録がありませんので
忙しい、引っ越しのときや大掃除、新生活の始まりまりのときにも使えて便利です

ラインカバー・書き込みもOK

テキストポンでは、蛍光ペンや赤ペンの書き込みがあっても査定してくれます。

査定アップの4つの裏技

なるべくもとの状態に戻す方法として、
簡単なのは、裏表紙に書いてある自分の名前です。

マジックで書いてあると思いますが、なんと100均で売っている
除光液を利用すれば簡単に落とせます。
[su_list icon=”icon: circle-thin” icon_color=”#bf0f49″]

  • 付箋を剥がしておくこと
  • 鉛筆等の書き込みはできるだけ消しゴムで消すこと
  • 裏表紙にマジックで書かれた名前は、100均に売っている除光液で簡単に消せます
  • 表紙カバーや付属のCD・DVDはなるべくセットで送ること

[/su_list]

ダンボールの入手方法

教科書を入れるダンボールは
近所のスーパーで買い物するときに店員さんに声をかけることで入手することが可能です。
引っ越し用のダンボールを流用することも可能です。

ダンボールに詰めるときの注意点

教科書は縦に入れると折れ曲がるので、平積みするとよいです。

空いた隙間は新聞紙やチラシを丸めて詰めることで配送時に折れ曲がらずにすみます。

段ボール箱が大きすぎて隙間がスカスカになる場合は、
段ボール箱の4隅にカッターナイフで切り込みを入れることで、
コンパクトに折りたためます

小さな段ボール箱で複数個になる場合は、
段ボール箱を紐やガムテープで一括りにすることで、
送付伝票を書く手間が1枚で済みます

重いダンボールはWeb集荷サービスを利用しよう

重くて運べないダンボールでも、郵便局の集荷サービスが便利です。

無料で家まで来てくれて持っていってくれます。

集荷サービスの電話が繋がりにくい場合は「WEB集荷サービス」が便利で3分ほどで入力が完了します

眠っている教科書まとめ

本棚の隅に眠っていたり、
使い終わった教科書や参考書は持っているだけでももったいないので、
査定に出してみてはどうでしょうか
[su_button url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=356UFC+CJBASA+3OQW+5YJRM” target=”blank” style=”3d” background=”#24f749″ color=”#ffffff” size=”9″ wide=”yes” center=”yes” icon=”icon: external-link” rel=”nofollow”]テキストポン公式サイトへ[/su_button]

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください